髪の薄毛の原因と細い状態になる理由

髪の毛のトラブルに悩む方は多いです。特に男性は、テストステロンという男性ホルモンが影響することで、深刻な薄毛に襲われてしまうことも少なくありません。

なぜ薄毛になってしまうのでしょうか。通常、髪の毛は毛球という場所の細胞が増えることで成長し、伸びていきます。そして通常、髪の毛は2年から6年という寿命を全うして、抜け落ちます。

ところがAGA(男性型脱毛症)の場合には、このサイクルがおかしくなり、本来はまだまだ成長しなければいけない毛が、抜けてしまいます。

すると、細い状態の毛でも抜けてしまいます。

こうして髪の毛の抜ける量が多くなり、また成長し切る前に抜ける髪の毛も増えることで、薄毛が起きてしまうのです。テストステロンという男性ホルモンが、5α-還元酵素によってジヒドロテストステロンという物質に変化します。これが脱毛の原因となってしまいます。

そこで、AGA治療薬のフィナステリドという薬が、このメカニズムに働きかけます。前述の酵素の働きを抑えるため、ジヒドロテストステロンが生成されるのを防いでくれるのです。

一方、女性の抜け毛で多いのが、びまん性脱毛症というものです。これはストレスや加齢、あるいは出産によるホルモンバランスの変化などによって起きます。

その特徴は、髪の毛が抜けるのではなく、髪の毛が細い状態になる、ということです。幸いなことに、AGAよりも治療しやすく、内服薬やサプリメントなどで効果を出すことができます。

髪の毛が細いということはボリュームが減ってしまい、若々しさを減らしてしまいます。男性も女性も、頭のトラブルが起きてしまった場合には、医療機関などを利用してみることをおすすめします。

ページトップへ